ゆめのはなし

かたおもいのはなしです

半年で変わったことと変わらなかったこと

ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 『untitled』

札幌ラストに行ってまいりました。

 

(レポが書きたいわけではないので、MCとかセトリとか演出はあまり触れないですが、多少のネタバレあるかと思います)

 

 

 

前日2時半まで作ったうちわを持って札幌ドームへ乗り込み、QRピッてされたら53列でうちわを出す必要のない席へご案内されるという安定の席運のなさでしたが…楽しかった。

 

 

担降り後、初のコンサートはとっても楽しくて、少しさみしかった。自分がちゃんと担降りしたことを実感した。

 

 

 

なにがって、相葉くんの顔が想像できなくなってた。きっとこんな顔して歌ってるんだろうなとか、立ってるんだろうなとか、そういう私の中の相葉雅紀のストックが多分減ってしまっていて、うまく目の前の、双眼鏡で見てもまだ小さくて少しぼやける相葉くんの顔が補完できなくなってた。

歌番組とかもあまりリピしなくなって、この曲いつもこういう顔するよねとか、そういう無自覚に日々の生活の中で貯めていたものが驚くほど減っていた。

あ、わたし今目の前にいる相葉くんのことなにもわからないって思った。自分から離れたくせに、すごくさみしくなった。

 

でも、そういう思いをさせてくる(自分のせいです)割には、Attack it!歌ってきたり。

ここ最近ずっとコンサートでまた聴きたいと思ってた昔の曲ナンバー1だったから超テンションあがった。ノリ方ちょっと忘れてたけどあがった。

 

 

って、キャーキャーワーワーしてたら突然のUBで。なにくるかな〜?って思ったら心の準備も何もできぬままUBで。

 

わたしはコンビとしてはにのあいがいちばん好きなんですけど、なんでもかんでもにのあい!って言っておけばいい風潮も、さすがトップ!ってにのあいのにのちゃんに対して言っとけばいい風潮も好きじゃなくて。(少し前にあった上げ下げ問題とかそういうのとは違って節度?的なところ)だから、UBが発表されてからのうるさい外野に正直イライラして、UBも手放しで嬉しい!って気持ちにはなれなかった。

 

個人的ににのあいならガシガシ踊る系をやってほしかったりとかそういうのももちろんありました。

 

 

だから「あっUBきた!UB!はやいね!突然じゃん!」ってくらいの軽い感じで相葉くんみてたら。

やっぱりさ、声がいいんですよね。あの大きい空間に綺麗にのびて広がる声が。各々のというよりは、二人の。ハモの。

ダンス二人で頑張ったんだろうなとか、そういうのは置いておいて、二人の重なり合って届く声にわたしの中のゲージが溜まっていって、

 

そのあとの ≪ほらWe are one〜≫のところで涙腺が決壊した。

 

 

同じ衣装着て、二人の声に、共に歩んできた道、成長してきた時間、重ねてきた思い出。長いなぁ、って思って泣いた。自分でも本当に涙出た意味がわからないくらい突然だったし、泣くつもりなんて微塵もなかったのに泣いた。なんならなかなかの号泣レベル。

 

本当の本当に、簡単にこんな一言で片付けるようなこと心の底から嫌なんだけど、

 

なんで泣いたの?って聞かれたら、「にのあいが尊かった」としか言えない。

あれが天然ならニコニコしてみるし、櫻葉か泣き虫ならかっこいい!!!!ってなってたと思うんだけど、ほら。にのあいって尊いじゃない…。

 

わたしこの人たちみてこんな曖昧な理由で泣けるんだなって思ったら、自分が相葉くんのこと大好きでずーっと見つめてきたこれまでも思い出してさみしくなった。

 

 

 

で、まあいろいろとんで。MCのスイーツ部もUBのあれやこれやも楽しく、すっとばして。

 

 

 

song for youまでいきます。

ここには、わたしがずっと応援し続けてきた相葉くんがいた。今までぼやけていた顔が、はっきりわかった。

歌っている表情も、仕草も、声も、何もかも懐かしい大好きな相葉くんがいた。まっすぐで誠実でやわらかい相葉くん。

あっわたしが大好きな人のままだって、やっとこの曲で思えた。

 

 

そうやって浸りながら、勝手にコンサート締めに入ってたら、突然の未完がきて、嵐強すぎかよ…ってなって終わりました。

 

 

 

 

今回のツアー、私的には嵐ずっと攻めてるな、強いなっていう感想で。

私が一番に見ない間にもこうやって前に進んでたんだなって、たった半年しか経っていないのに思いました。

 

song for youを聴きながら、私の進む方向は嵐が進む道ではなくて、ついて行くのをやめてしまったけど、彼らはずっと自分たちを信じて歩みを止めずに進んで行くんだと思うと、その先の未来を共に信じなかった自分が情けなくなる。

 

そして、きっとそういう自分たちの進む先や進み方にいろいろなことを言っているファンやファンを辞めた人がたくさんいるのを知りながらも、「旅の途中」で、「一緒なら挑める」という嵐の強さが眩しくて、誇らしい。

 

 

嵐は結局、いつまでたっても憧れだった。

 

 

でもそんな攻めてる相葉くんを、最後の最後で私が好きで目標としていた相葉くんのままだったときちんと思えたことがただただ嬉しかったです。

 

 

相葉くんみたいに強く楽しく生きていきたい!

NEVERLANDからの、その後

こんにちは。タイトルのねばーらんどのスペルが正しく打てているか不安です。こんにちは。

 

現場もなかったので、更新することもないな〜と思いながら日々過ごしていたのですが、なんとなく。いろいろと書きたくなったので。

 

 

 

今日、名古屋から関東へ遊びに行ってまいりました。何をしたか、と、いいますと。友達にテゴマスの青春のDVDを見せる!ただこの一点のみのためにでございます。

これ言うとみんながみんな「えっ?www」っていう〜!いいじゃん、近所の友達とDVD鑑賞会するのと変わんないテンションで関東まで名古屋から出てったっていいじゃない!

 

それほどまでにわたしが青春コンが大好きだと察してください〜〜〜!ほんとあのコンサート素晴らしいよね。

 

 

そんな素晴らしくて大好きなコンサート見たら熱が高まったのでこうして文章を書いている次第です。

(青春の中身については今回は特に触れないですけども。いつか全編通してここが好き!をやりたいなぁ〜。 )

 

 

最近のことを話す前にちょっと遡ります。

ネバーランド東京2公演目の終了と共に、四月から始まったツアーがおわって、『何もない週末』に戻りました。まあ次の週は嵐のワクワク学校で大阪にいたのですが…まあ、コレジャナイ感。

 

嵐が嫌になったとか、飽きたとか、そういう話ではなくて、ワクワクとネバーランドを比較して、ネバーランドに行きたいと思ってしまったというだけなんですけど。

 

ワクワクももちろん楽しくて、嵐も可愛くて、好きで、私はやっぱりこの5人のことを好きできた12年はたった一つの正解だったというのは再確認できました。

でも、それでは埋まらなかった心に、翔くんの自分に正直にみたいな話が刺さり。まあなんだ、あのタイミングであいばくん見るべきじゃなかったなって思いました。初日には入れたことはすごく幸せなことだし、ワクワクは初日に行くと決めていたけど、あそこで会ってしまうのは重たすぎた〜。なーんとなく、凹んで帰ったよ。幸せに笑うあいばくんを一番応援しているのは自分ではないのと、自分の中の一番があいばくんではなくなった事実が本人を前にしてはまだちょっと悲しくなった。自分で決めたけど、今回だけ言うけど、ちょっと後悔した。

 

そして、そこからNEWSを見る機会がぐっと減ってしまい…そりゃあ毎週末ホンモノに会えてたツアーから、レギュラーと特番の音楽番組に出るよ〜くらいじゃ、足りなくて。

結果、好き…だけど…なんか落ち着いてる?わたし?ってなった。

 

原因は二つあって。『NEWS不足』と、『それを解消する為にDVDを見る時間も取れず休めない仕事』という。

ほんっとに、コンサートがおわってからまあ休めない。7月は今日が初めての休みってくらい休めない。そんな中でNEWSすき〜♡って思い続けてる余裕がなかった。すきな人を見て、すきって思う余裕すらなかった。しんどかった。

 

その状況下でも嵐のレギュラーは毎週たくさん放送されていて、帰ってきてご飯食べながらとか観るじゃん。相葉くんの笑顔がやっぱりキラキラしていて、好きで。好きなのは変わらないし、前に言った通り嫌いになったり、もう応援しません!ってなるわけじゃないとは分かってたけど、毎日生活する中でますだくんよりあいばくんを見る機会の方が多くて、あいばくんの笑顔に元気もらって、あれ…あんなに決意して泣いて降りたのにこの状況はおかしい。ともやもやしていて。

もやもやするようなことではないのはわかってるんだけど、自分としてはそれはいけないことに分類されてたから。

あいばくんを一番じゃなくした今、あいばくんに一番元気もらう状況があってはいろいろな方面に申し訳が立たないという思い込みと意地から、それはいけない…けど、わたしまだ相葉担だったのかな、降りない方がよかったのかな?って何回か考えた。

安定した癒しと元気と笑顔を、安心して受け取れる相手だったからかなぁ。

とにかく、ますだくんを定期的に見られなかったからっていうのは大きいと思うんだけど…

 

ただね、もうね、担降りどうこうとか、自担元担とかそういうの横において、これだけはいえる。限界を超えて疲れて、自分の持つキャパに余裕がなくなるとネガティブになる。

 

なんか、このままだとたぶん担降りをきっかけにヲタ卒できるぞ???くらいまで心が死んでた。

 

ちがう、病んでたよ日記を書きたいわけじゃないの。今更だけど(笑)

 

 

何で復活したかというと。

 

 

音楽の日です。

 

 

賛否両論があったり、イントロ部分のことで(わたしにとっては)意味のわからない理由で叩かれていることは後から知ったけど、U R not aloneが歌われたことがわたしは純粋に嬉しくて。

 

アルバム発売から、何度も何度も背中を押されて、降りることを決めて、着いていくことを決めて、一緒に泣いた曲を、あの空間だけの、NEWSとファンの特別な曲にしといてよなんて微塵も思わず、

 

これでNEWSの良さがもっともっと広がるぞ!なーんてことも考えず。

 

単純に、このタイミングで、NEWSがテレビでもライブと変わらないほどの全力で、テレビのこちら側にいる私たち視聴者(もといファン)に想いを届けてというよりぶつけてくれたことが涙が出るほど嬉しくて、比喩でもなんでもなく、泣いた。

 

自分の状況とも重なって、コンサートのことも思い出して、泣いたよ。

元気が出たとか、やる気が出たとか、今はそういうレベルにはまだいないんだけど、≪生きてるな≫ってことと、≪生きなきゃな≫ってことを感じた。

ネガティブな思考回路が、毎日を過ごすことに対して、少し前向きになった。

 

ますだくんが、ライブと同じくらい苦しそうに力いっぱい声を出して、飛ばして、ただ今までで一番穏やかな表情で歌ってることだけが、この瞬間においては私の世界の全てになりました。
この人がここまで真剣に前を向いて生きているなら私も生きようではないかと。

 

テレビでアイドルが歌ってるの見て泣いたなんて初めてだし、もっといえばコンサートで曲を聴いただけで泣いたのもネバーランドが初めてだったんだ。

 

それくらい、私にとって、すごく心に響く一曲だった。私の背中を支えてくれて、押してくれてありがとう。

 

 

まあ、そんなわけで、改めてますだくんの心の広さや背中のでかさを実感したというお話でした。

 

 

話のまとめ方がわからなくなったので突然終わります!おやすみなさい! 

「夢の東京ドーム」

NEVERLAND 全26公演、お疲れ様でした。

関わっていらっしゃった全ての方に感謝しかない公演でした。

 

わたしは26公演の内、静岡から始まり、大阪、名古屋、担降りを決意した和歌山、そして広島、東京と、合計9公演参加させていただきました。

どの公演もとても楽しくて幸せで愛に溢れた公演でした。ここまで頑張ってチケットを探したのも毎週末のように遠征したのも初めてだったけど、本当にやってよかったと終わった今心から思います。

 

もっといえば、静岡と言わず札幌からわたしのネバーランドも始めていたかった…。

 

 

それにしても…アリーナ公演からのドームに入ったのは今回が初めてで。

アリーナサイズに目が慣れてしまっていて、なんたってどこの会場のどの席でもある程度近いし、アリーナのアリーナでもそーんな思ったほど埋もれないし、スタトロがあるからスタンドでもおいしいし…なアリーナから、ドームかぁ…おっきいなぁ、遠いなぁという不安と、ますだくんが常日頃から言ってる憧れの場所東京ドームに行ける喜びの狭間で、終わってしまう悲しさや寂しさに押しつぶされそうになりながら、広島から東京までの一週間過ごしておりました。

 

6/10(土)

朝、新幹線にて東京へ。ついにこの日が来てしまったな〜と思いながら向かいました。お友達とランチして、カラオケして、ギリギリタクシー拾って滑り込みセーフで会場に。席は後ろの方だったから、うちわもペンラもおいてひたすら踊る、騒ぐでとても楽しかったです。

追加曲のたびにNEWSの愛を感じて、ますだくんのやさしい歌声や男らしい表情、美しいダンスに魅了されて泣きそうになりながら、すっごく楽しかった。

印象的だったのは、スノーダンスのリフター。優しい顔で、奥の奥の奥まで見つめて、見渡して、幸せそうだったますだくんに、わたしは涙が出ました。これが、夢の、憧れの、東京ドームなのかと思いました。

 

そして、問題のU R not alone。広島の時点ですごかったから、ドームなんてどうなっちゃうの???って思ってたけど、まさかね。初日で泣くとは。

頭から詰まって、泣けてくるの堪えながら歌おうとして、歌えなくて、泣いてしまう大人の男の人は控えめに言っても最高に胸にきて。泣くよ、こんなの。

 

ますだくんが泣いてるのをみて、優しい顔で笑ってくれたシゲアキにわたしも救われた。そして、手越が代わりに歌ってくれて。思い出しただけでも泣けてくる。

 

泣いた後に、力を貸してくださいっていう自担は弱くて、切なかったです。

貸してなんて言わないでほしい。ぜーんぶあげるから。わたしが持ってるもの、ぜーんぶあげるよ、ますだくん。どこまでもついていく。だから安心していいんだよ。

 

 

この泣いてしまった一連、ホテルに帰って思い出した瞬間に涙が止まらなくなって。いい歳して声出して泣いた。1人で。

強いふりして、こうやって要所要所で堪え切れなくなって一番最初に泣いてしまうますだくんのことが心から愛おしい。

 

 

でも、彼としてはあの涙は悔しかっただろうから、二日目の今日は泣かないだろうなって思ってた。

 

6/11(日)

前日に続き、隅から隅まで優しく見つめるますだくんに、本当に本当に幸せであたたかい気持ちになった。

憧れの場所だという東京ドームに、立たせてくれてありがとうってますだくんはいつもいうけど、こちらこそこんなに素敵な景色を見せてくれてありがとうって心から思う。

ますだくんの憧れの場所が少しでも少しでも、より素敵な場所である為に、声だって出すし、ペンライトだって振るし、見えるかな…?って距離でもあなたのうちわを出すよ。

たくさんのファンがついてるって、伝わってほしい。

 

そして二日目は手越が。泣いちゃいましたね。

ますだくんも泣くかなぁ?な顔ちらっとしてたけど、手越がもっと辛そうだったから、ずっと凛々しくて優しい顔してた。

そんなますだくんを誇りに思ったし、あなたが泣かないならわたしも泣かないって思ったけど…泣いちゃったなぁ。

手越が自分の口からどん底だったなんていうと思わなくて、アンコールで出てきて笑顔一つも見せずに泣いてると思わなくて、胸が痛くなった。NEWSのことがとても好きだった。

 

手越のことにはここではもちろん、ツイッターでも特に何も触れてなかったし、別になんでもいいじゃん、目の前で笑ってる彼が唯一の真実で現実でしょ?派なので、本当に全く気にしてなかったのもあって。変わらず笑う手越にもう大丈夫だって思ってた。思ってたのに、まだちゃんと彼の中で負の要因として残っていたことに胸が痛くなった。手越には笑っていてほしい。笑って突き進む手越にみんなが安心してついていくと思うから。

 

 

それにしても、終わっちゃう悲しさと、無事に終わった安堵が入り混じった不思議なオーラスだった。

始まる前は来週から生きていけるのかが不安なくらい終わってほしくなくて、どうしよう…あっもうMCだ…あ、もうフロートだ…えっ、もう流れ星?まってやだ。終わらないで。って、ずっと思ってた。

 

思ってたのにだよ。ぜーーーんぶおわったら、あのNEWSの満足そうな顔をみたら、ほっとした。来週もネバーランド行きたいよっていう思いはもちろんやっぱりあるんだけど、でもなんか心のどっかで、あのオーラスの最後の最後のNEWSをみれて、ほっとしたんですよね。

 

彼らに私たちの大好きだよって想いが伝わってることが純粋に嬉しかった。

 

 

泣いた人に寄り添う人がいて、一緒に泣いてくれる人がいて、前を向いて進んでくれる人がいて。

 

 

NEWSって素敵なグループだな、と。

 

 

素敵な3ヶ月を過ごさせてくれてどうもありがとう。

たくさんの愛と、幸せと、喜びをくれて、ありがとう。

このツアーでお友達が増えました、ありがとう。

 

 

わたしと出会ってくれて、NEWSを好きにならせてくれて、ありがとう。

 

どこまでも一緒に歩いていくから、

どうか、NEWSのみんなが安心して、笑って、一歩ずつでも前へ前へ進んでいけますように。

 

 

 

本当に本当に、NEVERLANDお疲れ様でした。

自担の手より、掴んでいたいと思った手

おはようございます。

昨日のうちに書き残しておかなければと思っていたのですが、どうも眠くてだめでした。

 

決心したので…、あらためて自分への確認と、宣言。後悔したくないのにたぶんでもーって言っちゃうから、今いちばん感情が強い時に何を思ったか、どう考えて、この決断をしたのか。

忘れてはならないことだと思うので。

 

 

4/25 このブログを開設した目的は、相葉担は揺るぎない上でとても増田貴久くんを好きになってしまったことを書きたかったから。みんなに、担降りしないの?とか、してると思ったとか言われて、私の相葉くんへの想いはそんな中途半端なもんじゃないぞ。って、思って。そういうのを言葉にしておきたかった。

 

そこからすぐ、わたしのNEVERLANDツアーが始まって。静岡ラスト。増田くんを見て、軽率にときめいて、重たい余韻から抜け出せなくなって、大阪のチケットを探し始めるわたし。ご縁がありお譲りいただき初日に参加。ときめく。非常にときめく。だってかっこいいんだもん。

そして、名古屋。初日とラストがとても幸せだったのと、2日目一部に入れなかったもやもやとで、和歌山のチケットを探し始める。

これまたご縁をいただき、2日目一部、二部共に参加してきたのが昨日の話でございます。

 

まずね、ここまで必死に毎公演のチケットを探すことが初めて。嵐は地元公演に入れば満足するし、あー楽しかった♡で終わってた。

自分が入ってない公演のレポはMCすらみたくない><期はあったけど、そこからチケット探して遠征する!わたしもいく!!><という気持ちにはならなかった。今まで。

 

この時点からもうとっくに狂ってることなんてほんとは気づいてた。気づいてたけど、それも承知した上で、わたしは相葉くんを自担の椅子に座らせておきたかったし、今でさえそうするべきだと思ってる。

別にそれでもいいとは思う。思うし、別に誰がその椅子に座ったところで相葉くんの幸せを心から願ってる重たいヲタクなのは変わらない。

相葉くんがわたしの人生において特別で、大切な人なのはかわらない。

でも、誰よりもってもう言えないことに気づいてしまった。

 

全然このブログの更新ができていなかったのだけど、本当は名古屋が終わった時点で、一つの答えを出そうと思って、毎日少しずつ下書きを書き進めていた。

 

それが、「自担は相葉くんだけど、ますだくんのほうが好きになってしまった」という答え。

今までどっちが好きなんだろうもうやだってモヤモヤしてた気持ちに、さしあたり「自担」と「好き」のラベルをつけてはっきりさせて、正当化してしまっておきたかったんだけど……更新してなくてよかったね…。

 

名古屋から和歌山までの二週間、もっといえば、静岡から和歌山までの一ヶ月。飽きもせず、毎日あいばくんますだくんどっちが好きなの?問題に対峙してた。

で、辿り着いたのは私の担当は相葉くん以外もう現れないっていう確信と、それを踏まえてますだくんが大好きだよっていう。そもそも、好きな気持ちの種類が別だから、共存してても問題なくない???っていう。ねえこれドヤ顔で更新しなくてよかったよね?下書きをお見せする予定は一切ないけど、なんかいろいろ語ってたよ…消してしまおう…。

 

 

まあスタンスとしてはたぶんそんな変わってない。何回も言ってるけど相葉くんが大切なのは変わらない。でも、ごめんなさい。

 

「自担は相葉くんだけど、増田くんのことすごく好きで」って、言えない。もう言えない。ごめんなさい。

 

 

 

昨日の和歌山公演の話します。

 

ありがたいことに、一部も二部も譲っていただいたのはアリーナでした。

 

一部。ORIHIMEのリフターますだくん真横。そこへトロッコで向かうますだくんに、うちわ見てもらえる。ガン見。それだけで鳥肌立って腰が抜けそうになる私。

あんな至近距離でうちわ見てもらえたの一年ぶりで、今ツアー全然だったから嬉しかった。

ファンサもらったわけでもなく、笑顔だったわけでもない。けど、こんなことで心臓止まるくらい嬉しかった。

歌ってる姿とか、声には毎回心を持ってかれているけど、この公演も、静岡や大阪と同じように、ますだくん好きだなぁって思う公演でした。

 

そして、二部。

上手側センステ斜め後ろ。センステ超近い。血管とか汗とか手の骨ばってる感じとか余裕で見える。10倍の双眼鏡で生命線までくっきり見える。今ツアーで初めて入る角度で、わたしが見たいと思い続けていた曲のますだくんの表情がバッチリ見える。なにこれ、えっなにこれすごい。この席すごーーい!!!

NEVERLANDの最後踊ってるところのますだくんド正面だし、アン・ドゥ・トロワの頭歌ってる優しい顔も直接ますだくんの顔見れば表情がわかる。Silent loveもとてつもなくかっこいいますだくんのダンスが超至近距離で見られる。かっこいい。つよい。なにこの席すごくいい!!

 

動きひとつひとつが本当に美しくて、目が離せなかった。今までももちろん離してなかったけど、心も一緒に持ってかれるくらいの至近距離だった。持ってかれてた、心。

でもこれだけで終わってたら神席キターーー!って、ついったーに呟いて終わってたと思う。

 

この後。バンビーナでシゲがマイク持ってない事件があって、ますだくんが自分のパートで替え歌してしまったから、「あいつなんて忘れさせて」くれなかった。

 

この時、かわいいとかおもしろいとかそういう普通の感情ももちろんあったけど、「えっ、忘れさせてよ…」って思ってしまったんですよねえ。察した。あれ?これだめじゃない?

 

まあでも、これもね、ここで終わってればね。わすれさせてよー!もー!シゲマスかわいいーーー!NEWSかわいいーーーーー!!ってついったーに呟いて終わってたと思います。

 

で、このあとポコポンとか歌って踊って、流れ星での挨拶。

 

和歌山に呼んでもらって、たくさんの愛を感じました、というわたしの好きな人。

これからもNEWS4人でもっと頑張っていくので、これからもついてきてください、というわたしの大好きな人。

 

この挨拶本当に卑怯。ついていくよ、ついてくに決まってるじゃん。一緒に歩いていきたいって、思うに決まってるじゃん。そんな優しい声で、幸せそうな顔で言うなんて。

 

この時に、私の頭の中には相葉くんはいませんでした。

 

そしてそのまま、U R not aloneに。

いつも凄く凄く強く想いを伝えてくれる曲だけど、二部が本当に本当にすごかった。

 

わたしがこれまで入った4公演の中ではたぶん一番すごかった。

あの挨拶聞いた後で、この曲のパフォーマンスみてしまったら、今までと同じ場所に、同じように、立ってられるわけがありませんでした。

 

静岡の時も書いたけど、わたしはこのますだくんの手を離しちゃいけないと思った。両手をしっかり握って、目を見て、ここにいるよ、一緒に進んでいくよって、言わないといけない気がした。

 

この曲は、いつもいつも、「そんなにめいっぱいしてくれなくても伝わってくるよ、大丈夫だよ、ますだくんのことだいすきだよ。だから、安心して…?」って、駆け寄って、背中さすりながら、言いたくなる曲で。
あの曲を歌うますだくんはとても強くて、でも弱くて儚い気がして、そのまま泣き崩れてしまうように見える。

 

そんなますだくんと向き合うには、相葉くんを自担というポジションに据えたままではだめだと感じてしまいました。

 

このツアー中だけでもいろいろあったNEWSが笑顔で輝いて前を向いて強く、強く、一歩ずつでも前に進んでいけるように願うためには、わたしは正面から彼と、彼らと向き合わないといけない。

 

別に私が誰を担当としてどんなスタンスでNEWSを応援してもなにも変わらないのはわかっているんだけど、あなた達のことを心から好きだと思っている人がいるんだよと伝えるためには、担当じゃないけどだいすきだよ!!なんて、けじめがつかなくて自分がいやだ。

 

 

相葉くんは、いろんな場面で何回も何回も支えてもらった。元気も幸せもなんでもくれた。こんなに楽しい世界があると教えてくれたのも彼だった。

今も、これからも、彼が私にとって大切な人には変わりない。

 

本当に、担降りするなんて今でもやっぱやめるって言いたくなるくらい私は相葉くんがだいすきだし、相葉くんを応援してきたこの12年間も凄く楽しくて、幸せで、だいすきな日々だった。今このブログを書きながら、涙がでるくらい、相葉くんのことがだいすきな日々だった。

 

これからも今まで通り好きでいたい。コンサートで輝くあなたのこともみたい。あなたの笑顔に力と勇気をもらうことも変わらない。尊敬してる。

 

でも、たぶんね。いつの間にか、一緒に歩いてたはずが、背中を見つめているかたちになってたと思うんだ。

 

あなたの背中を見つめながら後ろ姿についていくことよりも、横に並んで手を取って一緒に歩いて行きたい人ができてしまったから。

 

わたしは、相葉雅紀くんから、増田貴久くんに担降りすることにしました。

 

 

後悔しない日々を過ごすための最善の決断になっているか、後悔する日がくるのか、わからないけど、昨日自分が感じたことを信じてみます。

わたし的NEVERLAND初日を迎えて

4/30(日) 18:00〜 静岡エコパアリーナにてわたし的ツアー初日を迎えました〜!!拍手〜〜!!

 

周りがどんどんどんどん行ってる中我慢して我慢して期待値だけはぐんぐん上がっている中で入った公演。

いろいろと思うことがあったので書き記しておきたく更新している所存です。

どうしても話す上で曲名等一部ネタバレありますので、まだみたくないよ!って方は自衛していただければと思います。

セトリとか感想はとりあえずまた後日。

まずは、私が思ったことを吐き出したい…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開演前、わたしは前日からの違和感が間違っていなかったことを30日一部に入っていたフォロワーさんのつぶやきで確信することになりました。

 

「ますだくんの髪色が赤に戻っている」

 

お昼ご飯を食べながらついったーを見る手が止まって、「えっ」と固まりました。

衝撃だったし、ショックだった。茶髪みたかった…。

 

私「はー!?意味わかんない!東京帰ってやり直して!!!」

 

そんなことを開演まで1〜2時間くらいずーーーっと言ってました。だって茶髪みたかった……。

 

まあでも、自分でもわかってたけどNEWSが登場した瞬間にそんなのはどうでもよくなるわけで。「えー赤髪かっこいい東京戻れとかいってごめーーーん」(←開始2秒の私)

 

そして登場位置と私の席の関係でますだくんに見下されるスタイルを取られる私。なにこれ幸せか。

 

そんなことがあったせいか否か、「ますだくんやばいますだくんかっこいい」マシーンに成り下がってました。

 

そんな私に最初の事件が起きます。

バンビーナのますだくんパート『あいつなんて忘れさせてあげるよ』に、軽率にも もしかして相葉くんのことでは??? と思ってしまったのです。

や、ほんとに軽率だった。軽率で単純だった。でも、たぶんこれはこれでこの時の本心だった。だから気が重いんですけどね。

 

まあそんなことをこの時は冗談半分で横の友達にどうしよ〜とか言いながら楽しんでたわけですよ。

 

こんなこと冗談でも思っちゃいけなかった…この後から今の今まで心がずっと大変になってしまっている。

 

軽率にもあんなことを思ってしまった私が、この後本当に息を呑むほどますだくんから目が離せなくなるタイミングがあった。

 

U R not alone。ますだくんがレコーディングから泣いたって言ってたから、やな予感はしてたんだ。

 

 

拝啓あの日の僕へ 今はここで立っています

誰かに笑われた夢を 今もここで見続けてます

 

 

この増田くんをみて、声を聞いて、シュプレヒコールぶりの鳥肌がたちました。

あーんな必死な顔で必死に声出して歌うの?苦しそうに、でもとっても力強くて、鳥肌が立って、私はこの手を離してはいけないんだと思った。

 

ますだくんが歩いていけるように、私1人いなくてもますだくんはまっすーぐーに進めるに決まってる。だけど、わたしはそれを支えたいとあの時思ってしまった。

 

ついていきたいんじゃなくて、ますだくんが進んだ道を後ろから楽して歩いていきたいんじゃなくて、一緒に歩いていきたいなって思った。

あの手を掴んで、握って、離したくないなって思った。

 

なんか、崩れるかなって思ったの。あの時のますだくんみて。儚かった。力強いのに、儚かった。圧倒されて、不安になった。

 

ますだくんの手を両手で包んで、 大丈夫だよ、好きだよ、ちゃんと見てるよって、目を見て力いっぱい伝えないとどうにかなってしまいそうな気がした。

 

そんな弱い人じゃないってわかってるのに、そう感じた。

 

 

ここで直前に軽く冗談に思ってたことが真実味を帯びてくる。

あれ、わたし相葉くん忘れるの?担降りしちゃうの?

終わってすぐのわたしは、「あんな顔で歌われたらさー軽率にさぁ……」こっから先は言葉にしなかったけど、ほんとに思った。

 

まあ、ますだくんには私の中で 自担 っていう響きよりも、大好きなますだくんの方がしっくりくるのもあって、考えた結果降りないんですけど。

 

でも、あの瞬間相葉くんのこと忘れてますだくんを応援しなければと思ったことも、あの人の手を離してはいけないと思ったのも本当に事実なのでちょっとこの気持ちは忘れたくないなぁ、と思った次第です。

 

ますだくんが私の中で急速に特別な存在になってきて困る。ついてけない。処理が追いつかない。

 

 

 

 

 

あーーー増田貴久の沼がここまで深いとは思わなかった。

たぶんいま、わたし単純に好きな気持ちならますだくんの方がすきかもしれない。

 

ますだくんについて 〜出会い編〜

「青春のチケット余ってるけど行きたい人いない?」

 

フォロワーさんが何気なくつぶやいたであろうこのツイートに手を上げたのが私です。

 

「行きたいです!!!」

 

 

もともと中学からの友人が増田貴久くんが好きで、名前も顔も知ってたし話もよく聞いてたし、ドラマとかも見てたのだけど、私はその頃は相葉くん一筋だったので、 友達が好きっていってる人 以上にはならなかった。ハマらなかった。

 

歌がうまいことも知っていたし、マイク食べそうな勢いで歌を歌うことも知っていたし、喉仏がいい感じなことも友人から聞いていた。

けど、彼にハマるタイミングはここではなかった。

 

当時の私の中のますだくんは、「まっすーってなんか思ってたキャラと違うね」っていう感想。相葉くんみたいにお日様のような笑顔で明るく楽しそうにしてる子かと思っていたけど、あっおもしろキャラではないんだね?っていうところがその当時の印象でした。

 

そこから時が経って、NEWSが4人になった。あっ再始動するんだ、よかったね。がんばれ!

もちろんジャニーズが好きだったから応援の気持ちはそれなりにあったけど、なんせ盲目葉担期。周りが見えない。まあ見えない。相葉くんしか見えない。

 

でも、嵐で(個人的な気持ちが)ゴタゴタしている時に、周りにNEWS好きな人がちらほらいたのもあり、他のグループのコンサート行ってみたいな。NEWSとか行ってみたいな。って思い始めるわけです。

 

そこを狙ってきた増田貴久によって冒頭に戻るわけですよ。

 

青春コン名古屋公演、まさかの全ステ。(2公演だけど)

 

1日目にお誘いをいただいて行ってみたら、そこにはひたすらかっこよくて輝いてるますだくんがいました。何よりも声がいい。笑顔がいい。おちゃめ。

え、この人なぁに?思ってたのと違う!!と、良い意味で思い直す私。

 

いろんなところで、ここすき!あっ、この人すき!って思いながらのコンサートだったけど、

シュプレヒコール→花に想いをがとどめでした、たぶん。

 

就活で結構メンタルぐさぐさになってるときに行ったコンサートだったので、シュプレヒコール聞いた時はなんか鈍器で殴られたレベルで挫けた。それと同時に背中も押された。ぐんって。

曲もすごく良かったんだけど、なにより、この曲を歌うますだくんの姿や声に鳥肌がたちました。コンサートで歌声聴いて鳥肌が立ったのって、わたし初めてだったんだよ、ますだくん。  

 

花に想いをはただ単純に可愛かったです。

 

そんなところで、フォロワーさんに言われる。

明日のチケットも余ってるけど…いる?

 

「いります!!!!!!!!!」

 

ただただ、生でもう一回シュプレヒコールがききたかった。ますだくんの声にひたっていたかった。それくらい、ますだくんの歌声に惚れたのがテゴマスの青春でした。

 

そのあとまほうのDVD見たりとかFC入ってNEWSコン行ったりとかいろいろしたけど、

あのタイミングでテゴマスの青春に行ったからわたしはますだくんにはまったんだと思ってる。

初めて行くコンサートがまほうでもだめだったし、青春に行かずにwhiteでもだめだったと思う。それこそ中学の時にNEWSコンとか行ってても違ったと思う。

 

デビュー当時とか、Jr.の時とか応援できなかったの悔しい><って思いはますだくんに対しては全くなくて、わたしはこのタイミングでこの人に出会うべくして出会ったんだって心から思ってる。

 

このあと、フレンドの観劇に行ったり、whiteでますだくんにファンサもらったりとかまあいろいろあったことで、私ますだくん好きなんだ…って自覚するわけですが、まとまらなくなるからそれはまた。

 

そして自覚した今振り返るときっかけはあのコンサートだったなって思うだけで、当時は私が相葉くん以外にハマるわけないし〜!すぐ落ち着くよこんな気持ち…って見ないふりしてた期間もなかなかに長かったです。ほんとはね。

 

でも、ますだくんのことも好きだって認めて、大事な人が1人増えたら、毎日の輝きが増したので今では良かったなって思います。

 

というわけで、「友達の好きな人だったまっすー」が、「私の好きな人ますだくん」に変わったのでした。

 

ちゃんちゃん。

 

自担が自担様になるまで

はじめまして、こんばんは。

 

わたしがいかにますだくんを好きだと思っているか を書き記すべくブログ開設した次第です。

(他の人のブログみてておもしろそうだなって思っただけ)

 

ただ、わたしの中のますだくんについて話すには、その前にわたしの永遠の自担ポジである相葉くんについて話さないといけないのでは?というか、相葉くんをそのへんにぽいっと置いておいてますだくんについて話すなんて自担様に失礼では?と思ったので、まずは相葉くんについてお話ししたい所存でございます。

……わざわざちょこっとむつかしい言い方して頭悪そうなのは自担に似たよ( ‘◇‘ )

 

 

そもそも相葉くんに私がハマりましたのは今から12年近く遡った13歳の時でした。

前から仲良くしてくださってる方はご存知かと思いますが、WISHの番宣でHEY!HEY!HEY!に出てた嵐さんが街角調査的企画でランキングされてたのが始まりです。

 

オナラが臭そうなメンバー第1位:相葉雅紀

 

えっなにこのアイドル…ハタチそこそこのアイドルがオナラが臭そうとかある?え?そんなこと言われる?

この「???」から始まり、志村どうぶつ園ではワニのしっぽひっぱって背中にブラシかけてるわ、カンガルーと対決してるわ、サイの背中飛び乗って悶絶してるわ…アイドルってかっこよくてキラキラしてる人じゃないの…?

 

そんな相葉くんに興味を持ち、あ!嵐深夜でレギュラーもってるんだ!とみたGの嵐ではなんとAの嵐(仮)第1回目。

えーーーなに相葉くん超おばかだしなくない?わあ、翔くんかっこいい顔してる♡

 

そして気づいたら葉担になってました。(唐突)

 うん、気づいたらなの。別にお顔がものすごくタイプなわけでも、なんでもないの…。残念ながら。

 

おばか街道突っ走ってる相葉くんは正直苦手だったし、らぶそー辺りの売れ始めてきた頃、おバカキャラを定着させるべくわざとそういう回答をしてる相葉くんは目をそらしたくなるほど痛々しく思ってた。同時に、そんなことしなくても相葉くんは素敵だし大好きだよ。相葉くんがそんなにおばかじゃないのにおばかキャラ作ってんのなんて知ってるよ、やめていいよ?とも思ってた。

今ならわかるよ、大事だったよね。それ。必死だったよね。

 

まあ当時はそんなことを思いつつも、相葉くんの笑顔に魅了されたし、結果が全てだと言い切る相葉くんの仕事への姿勢(それが見ないふりをしたくなるものでも)はとても尊敬した。

未だに元気がない時にアラシゴト読んで喝入れるくらいに相葉くんのページはバイブルとして扱ってる。

 

楽しくて笑ってるんじゃなくて、笑ってるから楽しくなるんだよって言って笑う相葉くんは私にとっては本当に太陽で、相葉くんが進む方を目指して追いかければいい景色が見られるって心からそう思うよ。

 

こんな素敵な相葉くん、なかなかテレビの(特に演技の)お仕事には恵まれずやっと決まった2時間のスペシャルドラマでは出番が合計5分もないなんてことにやさぐれてみたり、いくら自分はわかってるからって思っても周りに認められないのはちょっとおもしろくなかった。

 

だから、初主演ドラマが決まった時はとても嬉しかったよ。演技もあんまり上手じゃなくて、週ごとに頬がやつれていく相葉くんも、今となってはいい思い出です。当時は辛かったけどね。やっぱり連ドラの主演はまだ早かったのかなって思ったけどね。ごめんね。

その頃はこんなに人気が出るって思ってもみなかったから。

 

パブリックイメージでは、いつも目立つのは翔ちゃんとかニノとか潤くんで、後ろでにこにこしてる智くんと相葉くんだったのが、智くんの才能が認められていき、相葉くんだけあれ?1人だけ地味じゃない?あの人何ができるの?ってなった時、もう世間は相葉くんの魅力には気づかないと思ってた。

 

グループ1レギュラーが多くて、CM契約数が多くて、年々かっこよくなる相葉くんは、後ろでにこにこしてたのが嘘みたいなくらいファンが増えて、月9主演のお話だっていただけて、テレビで見ない日がなくなりました。

 

紅白の司会だって、単独でやるなら翔くんだってきっと誰もが思ってた。相葉くんがやったなんて、未だに信じらんないよ。お疲れ様。

 

今は今で無理した表情してるな〜って時もあるけど、大方楽しそうに笑ってるし、夢に近づいてるし、地味な1人じゃなくなったことは寂しいけど喜ばしいことで、相葉くんが幸せなら私は幸せだから、今はとても幸せです。

 

と、よく「相葉くんが幸せならなんでもいい」と言う私ですが、

まあマイガール以降の絶賛盲目葉担期というのが長かったのもあり(今やなかったことにしている三毛猫あたりで盲目葉担落ち着き)ましたが、

そんな相葉くんを、応援したくないって思う時もあった。ハワイでコンサートするって嵐が言った時。

 

なぜ、今?ハワイなんて行ける人が限られている中でそんなことするの?そんなのよりアリーナツアーやってよ意味がわからないって思った。

そこまでにもいろいろな気持ちがあったから、もうほんとに潮時かな、やめようかなって割と本気で考えた。

そんな気持ちは相葉くんの涙と一緒に流れてったよ。

 

サックスを頑張りたいと思ったその努力の過程の上にある、肺気胸でステージに立たなかった結果をずっと心の内で忘れず悔いていた相葉くんが、そこに立てて良かったって泣いただけで、あーこの人の今この瞬間のこの言葉を聞くためにハワイ公演をやったんだと思ったし、その相葉くんを画面越しにでも見れたことに満足したんだよね。

 

相葉くんが幸せを感じてるならべつにわたしがどう感じようがいいじゃないか、だって相葉くんは幸せなんだよ?

 

ここに行き着いたのがハワイでした。

 

コンサートのソロ曲の演出にいくら腹を立てても、相葉くんが切羽詰まりながら練習したこと、やりたいと思ったこと、毎公演精一杯頑張ってること、やりきって後悔していないこと、あの空間を好きだと言ってくれたことが揃えばもうそれはそれで、わたしがいくら愚痴を言ったとしても、相葉くんそれは違うよ!といくら思ったとしても、もう葉担的にはオールオッケーなのである。

 

そんな存在が今のわたしの中の相葉雅紀なのである。

 

……打ちながら思ったけど、なかなかに重いね?

好きの内容がないくせにただただ重いね?愛だけが。

 

でもさ、こうやって振り返ってわかるのは、いつもいつも相葉くんに助けてもらってきたことと、好きになってからはずっと相葉くんと共に歩んできたことと、結局相葉くんが好きってことだけで。

 

もう息をするのと同じくらい、相葉担ですって言うのが当たり前だから、担降りなんてしないです。

 

意地とか、早く認めなよとか、そういうのとは次元が違います。

 

 

と、いうわけで。

相葉くんが、キラキラな笑顔で笑って、日々幸せを感じる時間軸を生きられることに感謝して相葉担をしつつ、

ちょっとずつちょっとずつ増田貴久くんにも好きを見つけていけたらなと思う次第でございますので、どうぞみなさま宜しくお願い致します。