読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆめのはなし

かたおもいのはなしです

わたし的NEVERLAND初日を迎えて

4/30(日) 18:00〜 静岡エコパアリーナにてわたし的ツアー初日を迎えました〜!!拍手〜〜!!

 

周りがどんどんどんどん行ってる中我慢して我慢して期待値だけはぐんぐん上がっている中で入った公演。

いろいろと思うことがあったので書き記しておきたく更新している所存です。

どうしても話す上で曲名等一部ネタバレありますので、まだみたくないよ!って方は自衛していただければと思います。

セトリとか感想はとりあえずまた後日。

まずは、私が思ったことを吐き出したい…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開演前、わたしは前日からの違和感が間違っていなかったことを30日一部に入っていたフォロワーさんのつぶやきで確信することになりました。

 

「ますだくんの髪色が赤に戻っている」

 

お昼ご飯を食べながらついったーを見る手が止まって、「えっ」と固まりました。

衝撃だったし、ショックだった。茶髪みたかった…。

 

私「はー!?意味わかんない!東京帰ってやり直して!!!」

 

そんなことを開演まで1〜2時間くらいずーーーっと言ってました。だって茶髪みたかった……。

 

まあでも、自分でもわかってたけどNEWSが登場した瞬間にそんなのはどうでもよくなるわけで。「えー赤髪かっこいい東京戻れとかいってごめーーーん」(←開始2秒の私)

 

そして登場位置と私の席の関係でますだくんに見下されるスタイルを取られる私。なにこれ幸せか。

 

そんなことがあったせいか否か、「ますだくんやばいますだくんかっこいい」マシーンに成り下がってました。

 

そんな私に最初の事件が起きます。

バンビーナのますだくんパート『あいつなんて忘れさせてあげるよ』に、軽率にも もしかして相葉くんのことでは??? と思ってしまったのです。

や、ほんとに軽率だった。軽率で単純だった。でも、たぶんこれはこれでこの時の本心だった。だから気が重いんですけどね。

 

まあそんなことをこの時は冗談半分で横の友達にどうしよ〜とか言いながら楽しんでたわけですよ。

 

こんなこと冗談でも思っちゃいけなかった…この後から今の今まで心がずっと大変になってしまっている。

 

軽率にもあんなことを思ってしまった私が、この後本当に息を呑むほどますだくんから目が離せなくなるタイミングがあった。

 

U R not alone。ますだくんがレコーディングから泣いたって言ってたから、やな予感はしてたんだ。

 

 

拝啓あの日の僕へ 今はここで立っています

誰かに笑われた夢を 今もここで見続けてます

 

 

この増田くんをみて、声を聞いて、シュプレヒコールぶりの鳥肌がたちました。

あーんな必死な顔で必死に声出して歌うの?苦しそうに、でもとっても力強くて、鳥肌が立って、私はこの手を離してはいけないんだと思った。

 

ますだくんが歩いていけるように、私1人いなくてもますだくんはまっすーぐーに進めるに決まってる。だけど、わたしはそれを支えたいとあの時思ってしまった。

 

ついていきたいんじゃなくて、ますだくんが進んだ道を後ろから楽して歩いていきたいんじゃなくて、一緒に歩いていきたいなって思った。

あの手を掴んで、握って、離したくないなって思った。

 

なんか、崩れるかなって思ったの。あの時のますだくんみて。儚かった。力強いのに、儚かった。圧倒されて、不安になった。

 

ますだくんの手を両手で包んで、 大丈夫だよ、好きだよ、ちゃんと見てるよって、目を見て力いっぱい伝えないとどうにかなってしまいそうな気がした。

 

そんな弱い人じゃないってわかってるのに、そう感じた。

 

 

ここで直前に軽く冗談に思ってたことが真実味を帯びてくる。

あれ、わたし相葉くん忘れるの?担降りしちゃうの?

終わってすぐのわたしは、「あんな顔で歌われたらさー軽率にさぁ……」こっから先は言葉にしなかったけど、ほんとに思った。

 

まあ、ますだくんには私の中で 自担 っていう響きよりも、大好きなますだくんの方がしっくりくるのもあって、考えた結果降りないんですけど。

 

でも、あの瞬間相葉くんのこと忘れてますだくんを応援しなければと思ったことも、あの人の手を離してはいけないと思ったのも本当に事実なのでちょっとこの気持ちは忘れたくないなぁ、と思った次第です。

 

ますだくんが私の中で急速に特別な存在になってきて困る。ついてけない。処理が追いつかない。

 

 

 

 

 

あーーー増田貴久の沼がここまで深いとは思わなかった。

たぶんいま、わたし単純に好きな気持ちならますだくんの方がすきかもしれない。

 

ますだくんについて 〜出会い編〜

「青春のチケット余ってるけど行きたい人いない?」

 

フォロワーさんが何気なくつぶやいたであろうこのツイートに手を上げたのが私です。

 

「行きたいです!!!」

 

 

もともと中学からの友人が増田貴久くんが好きで、名前も顔も知ってたし話もよく聞いてたし、ドラマとかも見てたのだけど、私はその頃は相葉くん一筋だったので、 友達が好きっていってる人 以上にはならなかった。ハマらなかった。

 

歌がうまいことも知っていたし、マイク食べそうな勢いで歌を歌うことも知っていたし、喉仏がいい感じなことも友人から聞いていた。

けど、彼にハマるタイミングはここではなかった。

 

当時の私の中のますだくんは、「まっすーってなんか思ってたキャラと違うね」っていう感想。相葉くんみたいにお日様のような笑顔で明るく楽しそうにしてる子かと思っていたけど、あっおもしろキャラではないんだね?っていうところがその当時の印象でした。

 

そこから時が経って、NEWSが4人になった。あっ再始動するんだ、よかったね。がんばれ!

もちろんジャニーズが好きだったから応援の気持ちはそれなりにあったけど、なんせ盲目葉担期。周りが見えない。まあ見えない。相葉くんしか見えない。

 

でも、嵐で(個人的な気持ちが)ゴタゴタしている時に、周りにNEWS好きな人がちらほらいたのもあり、他のグループのコンサート行ってみたいな。NEWSとか行ってみたいな。って思い始めるわけです。

 

そこを狙ってきた増田貴久によって冒頭に戻るわけですよ。

 

青春コン名古屋公演、まさかの全ステ。(2公演だけど)

 

1日目にお誘いをいただいて行ってみたら、そこにはひたすらかっこよくて輝いてるますだくんがいました。何よりも声がいい。笑顔がいい。おちゃめ。

え、この人なぁに?思ってたのと違う!!と、良い意味で思い直す私。

 

いろんなところで、ここすき!あっ、この人すき!って思いながらのコンサートだったけど、

シュプレヒコール→花に想いをがとどめでした、たぶん。

 

就活で結構メンタルぐさぐさになってるときに行ったコンサートだったので、シュプレヒコール聞いた時はなんか鈍器で殴られたレベルで挫けた。それと同時に背中も押された。ぐんって。

曲もすごく良かったんだけど、なにより、この曲を歌うますだくんの姿や声に鳥肌がたちました。コンサートで歌声聴いて鳥肌が立ったのって、わたし初めてだったんだよ、ますだくん。  

 

花に想いをはただ単純に可愛かったです。

 

そんなところで、フォロワーさんに言われる。

明日のチケットも余ってるけど…いる?

 

「いります!!!!!!!!!」

 

ただただ、生でもう一回シュプレヒコールがききたかった。ますだくんの声にひたっていたかった。それくらい、ますだくんの歌声に惚れたのがテゴマスの青春でした。

 

そのあとまほうのDVD見たりとかFC入ってNEWSコン行ったりとかいろいろしたけど、

あのタイミングでテゴマスの青春に行ったからわたしはますだくんにはまったんだと思ってる。

初めて行くコンサートがまほうでもだめだったし、青春に行かずにwhiteでもだめだったと思う。それこそ中学の時にNEWSコンとか行ってても違ったと思う。

 

デビュー当時とか、Jr.の時とか応援できなかったの悔しい><って思いはますだくんに対しては全くなくて、わたしはこのタイミングでこの人に出会うべくして出会ったんだって心から思ってる。

 

このあと、フレンドの観劇に行ったり、whiteでますだくんにファンサもらったりとかまあいろいろあったことで、私ますだくん好きなんだ…って自覚するわけですが、まとまらなくなるからそれはまた。

 

そして自覚した今振り返るときっかけはあのコンサートだったなって思うだけで、当時は私が相葉くん以外にハマるわけないし〜!すぐ落ち着くよこんな気持ち…って見ないふりしてた期間もなかなかに長かったです。ほんとはね。

 

でも、ますだくんのことも好きだって認めて、大事な人が1人増えたら、毎日の輝きが増したので今では良かったなって思います。

 

というわけで、「友達の好きな人だったまっすー」が、「私の好きな人ますだくん」に変わったのでした。

 

ちゃんちゃん。

 

自担が自担様になるまで

はじめまして、こんばんは。

 

わたしがいかにますだくんを好きだと思っているか を書き記すべくブログ開設した次第です。

(他の人のブログみてておもしろそうだなって思っただけ)

 

ただ、わたしの中のますだくんについて話すには、その前にわたしの永遠の自担ポジである相葉くんについて話さないといけないのでは?というか、相葉くんをそのへんにぽいっと置いておいてますだくんについて話すなんて自担様に失礼では?と思ったので、まずは相葉くんについてお話ししたい所存でございます。

……わざわざちょこっとむつかしい言い方して頭悪そうなのは自担に似たよ( ‘◇‘ )

 

 

そもそも相葉くんに私がハマりましたのは今から12年近く遡った13歳の時でした。

前から仲良くしてくださってる方はご存知かと思いますが、WISHの番宣でHEY!HEY!HEY!に出てた嵐さんが街角調査的企画でランキングされてたのが始まりです。

 

オナラが臭そうなメンバー第1位:相葉雅紀

 

えっなにこのアイドル…ハタチそこそこのアイドルがオナラが臭そうとかある?え?そんなこと言われる?

この「???」から始まり、志村どうぶつ園ではワニのしっぽひっぱって背中にブラシかけてるわ、カンガルーと対決してるわ、サイの背中飛び乗って悶絶してるわ…アイドルってかっこよくてキラキラしてる人じゃないの…?

 

そんな相葉くんに興味を持ち、あ!嵐深夜でレギュラーもってるんだ!とみたGの嵐ではなんとAの嵐(仮)第1回目。

えーーーなに相葉くん超おばかだしなくない?わあ、翔くんかっこいい顔してる♡

 

そして気づいたら葉担になってました。(唐突)

 うん、気づいたらなの。別にお顔がものすごくタイプなわけでも、なんでもないの…。残念ながら。

 

おばか街道突っ走ってる相葉くんは正直苦手だったし、らぶそー辺りの売れ始めてきた頃、おバカキャラを定着させるべくわざとそういう回答をしてる相葉くんは目をそらしたくなるほど痛々しく思ってた。同時に、そんなことしなくても相葉くんは素敵だし大好きだよ。相葉くんがそんなにおばかじゃないのにおばかキャラ作ってんのなんて知ってるよ、やめていいよ?とも思ってた。

今ならわかるよ、大事だったよね。それ。必死だったよね。

 

まあ当時はそんなことを思いつつも、相葉くんの笑顔に魅了されたし、結果が全てだと言い切る相葉くんの仕事への姿勢(それが見ないふりをしたくなるものでも)はとても尊敬した。

未だに元気がない時にアラシゴト読んで喝入れるくらいに相葉くんのページはバイブルとして扱ってる。

 

楽しくて笑ってるんじゃなくて、笑ってるから楽しくなるんだよって言って笑う相葉くんは私にとっては本当に太陽で、相葉くんが進む方を目指して追いかければいい景色が見られるって心からそう思うよ。

 

こんな素敵な相葉くん、なかなかテレビの(特に演技の)お仕事には恵まれずやっと決まった2時間のスペシャルドラマでは出番が合計5分もないなんてことにやさぐれてみたり、いくら自分はわかってるからって思っても周りに認められないのはちょっとおもしろくなかった。

 

だから、初主演ドラマが決まった時はとても嬉しかったよ。演技もあんまり上手じゃなくて、週ごとに頬がやつれていく相葉くんも、今となってはいい思い出です。当時は辛かったけどね。やっぱり連ドラの主演はまだ早かったのかなって思ったけどね。ごめんね。

その頃はこんなに人気が出るって思ってもみなかったから。

 

パブリックイメージでは、いつも目立つのは翔ちゃんとかニノとか潤くんで、後ろでにこにこしてる智くんと相葉くんだったのが、智くんの才能が認められていき、相葉くんだけあれ?1人だけ地味じゃない?あの人何ができるの?ってなった時、もう世間は相葉くんの魅力には気づかないと思ってた。

 

グループ1レギュラーが多くて、CM契約数が多くて、年々かっこよくなる相葉くんは、後ろでにこにこしてたのが嘘みたいなくらいファンが増えて、月9主演のお話だっていただけて、テレビで見ない日がなくなりました。

 

紅白の司会だって、単独でやるなら翔くんだってきっと誰もが思ってた。相葉くんがやったなんて、未だに信じらんないよ。お疲れ様。

 

今は今で無理した表情してるな〜って時もあるけど、大方楽しそうに笑ってるし、夢に近づいてるし、地味な1人じゃなくなったことは寂しいけど喜ばしいことで、相葉くんが幸せなら私は幸せだから、今はとても幸せです。

 

と、よく「相葉くんが幸せならなんでもいい」と言う私ですが、

まあマイガール以降の絶賛盲目葉担期というのが長かったのもあり(今やなかったことにしている三毛猫あたりで盲目葉担落ち着き)ましたが、

そんな相葉くんを、応援したくないって思う時もあった。ハワイでコンサートするって嵐が言った時。

 

なぜ、今?ハワイなんて行ける人が限られている中でそんなことするの?そんなのよりアリーナツアーやってよ意味がわからないって思った。

そこまでにもいろいろな気持ちがあったから、もうほんとに潮時かな、やめようかなって割と本気で考えた。

そんな気持ちは相葉くんの涙と一緒に流れてったよ。

 

サックスを頑張りたいと思ったその努力の過程の上にある、肺気胸でステージに立たなかった結果をずっと心の内で忘れず悔いていた相葉くんが、そこに立てて良かったって泣いただけで、あーこの人の今この瞬間のこの言葉を聞くためにハワイ公演をやったんだと思ったし、その相葉くんを画面越しにでも見れたことに満足したんだよね。

 

相葉くんが幸せを感じてるならべつにわたしがどう感じようがいいじゃないか、だって相葉くんは幸せなんだよ?

 

ここに行き着いたのがハワイでした。

 

コンサートのソロ曲の演出にいくら腹を立てても、相葉くんが切羽詰まりながら練習したこと、やりたいと思ったこと、毎公演精一杯頑張ってること、やりきって後悔していないこと、あの空間を好きだと言ってくれたことが揃えばもうそれはそれで、わたしがいくら愚痴を言ったとしても、相葉くんそれは違うよ!といくら思ったとしても、もう葉担的にはオールオッケーなのである。

 

そんな存在が今のわたしの中の相葉雅紀なのである。

 

……打ちながら思ったけど、なかなかに重いね?

好きの内容がないくせにただただ重いね?愛だけが。

 

でもさ、こうやって振り返ってわかるのは、いつもいつも相葉くんに助けてもらってきたことと、好きになってからはずっと相葉くんと共に歩んできたことと、結局相葉くんが好きってことだけで。

 

もう息をするのと同じくらい、相葉担ですって言うのが当たり前だから、担降りなんてしないです。

 

意地とか、早く認めなよとか、そういうのとは次元が違います。

 

 

と、いうわけで。

相葉くんが、キラキラな笑顔で笑って、日々幸せを感じる時間軸を生きられることに感謝して相葉担をしつつ、

ちょっとずつちょっとずつ増田貴久くんにも好きを見つけていけたらなと思う次第でございますので、どうぞみなさま宜しくお願い致します。